外部を活用するメリットは専門的ノウハウと客観的な視点を得られることです。

他社、他業界の動向も参考になります。しかし、それは全て「自社を良くするため」のことです。最終的には自社に合わせて、やるかやらないか、やるならどうやるか、を決める必要があります。

外部コンサルのアドバイスをもとに取り組んだものの複雑すぎて継続できなかった、やることが増えて逆に労働時間が延びた、という声も聴きます。

人材育成フローは経営の意思決定に対応しなくては意味がありません。そしてそのためには自社内での企画力と機動力が必要です。

「人事が強い会社は成長する」をモットーに、人事担当者様のサポートを行います。

人事担当者が抱えている課題

  • 知識不足、経験不足により、課題解決のための企画ができない
  • 人事制度構築の順番が分からず、計画的に進められない
  • 法改正や他社情報などの情報不足により、タイミングが遅れる
  • 経営と社員の間の板挟みで悩む(相談できる人がいない)
  • 自信が持てない

人事担当者サポートを導入することで得られる効果

  • 事業年度を通した人事戦略を立てることができる
  • 適切な課題解決のためのプランニングができる
  • 情報収集の時間が短縮できる
  • 経営方針のスピードに合わせたアクションが取れるようになる
  • 人事担当者のメンタルケアができる

主なサポート内容

  • 既存の仕組みのヒアリング及びアドバイス(評価、会議体など)
  • メンバーヒアリングの仕方
  • 社内情報発信の仕方
  • 研修企画の仕方

人事担当者サポートに関するお問い合わせ