近年、少子高齢化による労働人口の減少により、多くの企業では慢性的に人材不足となっています。

そこで注目されているのが「人事戦略」という考え方です。

これまでの人事は、どちらかというと労務管理や勤怠管理、給与計算といったオペレーション的な日常業務を行っているイメージがありますが、「人事戦略」とは企業目標や経営戦略を実現するために、戦略的に人事を行う方法です。

この記事では人事戦略の必要性や導入計画、準備について解説します。

人事戦略とは?

そもそも人事とは、経営目標の達成のために必要な人材を確保や育成し、適正に配置することが一番の役割です。

しかし、かつての企業では、経営戦略と人事は切り離されて考えられていました。

そのため、経営戦略の実現に必要な人材を、状況に応じて柔軟に配置することができないといった点が問題となっていました。

「人事戦略」とは、経営戦略を実現させるために、人事マネジメントを連動させることをいいます。

この考えは、1,990年代にアメリカミシガン大学の教授で経済学者のデイビッド・ウルリッチが提唱したものです。

人事戦略の必要性

経済のグローバル化による国際競争の激化や雇用形態の多様化などによって、企業を取り巻く経営環境は大きく変化しています。

その変化に対応するには、持っている経営資源を最大限に活用する必要があります。

経営資源の中で特に重要なのが「ヒト」であり、その確保や育成には「人事戦略」が必要となります。しかし、企業の多くは人事に課題を抱えています。

代表的な課題としては次のようなものがあげられます。

経営者の認識不足

経営者が、「人事戦略」の重要性について認識していないケースがあります。

「人事戦略」において、人事は経営者の視点に立って人事マネジメント行う、重要なビジネスパートナーです。

しかし、いまだに人事を労務管理や勤怠管理、給与計算などオペレーション的な業務を行う部署と思っている経営者は少なくありません。

人事の人手不足で戦略立案までできていない

少子高齢化による労働人口減少によって、必要最低限の人材も確保できない企業が多くあります。

人事の業務は、人事に関する制度設計や人材開発を行う「インフラ人事」や、労務管理など日常業務や人事システムの運用を行う「オペレーション人事」など多岐にわたります。

大企業であれば、これらの人事業務は、細分化され分担していますが、中小企業では少ない人員で実務を回しています。

そのため新たな課題にまで対応できないといったケースもあります。

人事戦略の導入・計画について

「人事戦略」を導入しようと思っていても、どのように進めたらよいのか分からない経営者や人事担当者もいるのではないでしょうか。

ここでは、具体的な人事戦略の導入方法や計画の立て方について紹介します。

経営陣の企業目標や経営戦略を社員に示す

「人事戦略」の目的は、経営戦略の実現にあります。そのため「人事戦略」を策定するには、まず経営陣が企業目標や経営戦略を明確にして、全社員に示す必要があります。

この企業目標や経営戦略が曖昧なままだと、どんな人材が自社にとって必要なのかが見えてこないからです。

どんな人材が会社に必要か見直す

経営戦略と自社の現状が確認できたら、経営戦略を実現するためには、どんなスキルや経験を持って(求める人材像)、どんな価値観や風土を大切にし(マインド)、どのくらいの人数(要員)必要かを見直します。

他社の導入事例よりも自社に合ったやり方

「人事戦略」を導入するにあたって最も重要なことは、自社の企業理念・経営戦略・事業戦略・業務・組織体系と整合性がとれていることです。

また、等級やキャリア、評価、賃金など人事制度と一貫性があることも大切です。

企業理念や経営戦略は、企業によって異なります。そのため他社の事例を参考にして、そのまま導入してもうまくいきません。

「人事戦略」成功のカギは自社に合ったやり方を見つけることです。

長期的・短期的施策として準備を行う

「人事戦略」には、長期的な視点と短期的な視点の両方が必要です。

現在の企業を取り巻く経営環境の変化は非常に早いため、できるだけ早く「人事戦略」を導入することが大切です。

一方で、目先の数字に惑わされることなく長期的な視点で計画を進めることも重要です。

長期の目標と戦略、短期の目標と戦略を立案して、それぞれ準備を行いましょう。

責任者自身が明確な考えのもと実施する

「人事戦略」の導入には、現行の制度の見直しや変更が必要となります。

従業員の中には、なぜ人事戦略が必要なのか疑問を持ったり、不満を感じる人も出るかもしれません。

したがって、経営者や人事の責任者は、「なぜ人事戦略が必要なのか」「人事戦略を導入するメリット」「人事戦略の目標」など、従業員から質問された際に回答できるように準備しておく必要があります。

人事戦略の導入に向けて専門家に相談しよう

「人事戦略」の導入には、自社の現状を分析して課題を洗い出すことが大切です。

しかし、意外に自社のことを正確に分析するのは難しいものです。

「人事戦略」の導入をする際には、外部の専門家やコンサルタントに相談するのもおすすめです。

まとめ

経済のグローバル化や雇用形態の多様化など、企業を取り巻く経営環境は大きく変化しています。

その変化に対応するには、年功序列や終身雇用など、これまでの人事制度を見直して、経営戦略に直結する戦略的な人事が必要です。

人事戦略を導入する際には、自社にあったやり方を見つけることが大切です。

外部の専門家なども活用しながら計画的に導入を進めましょう。